北方領土の返還を求める都民会議

(都民会議トップページへ)


2013年1月29日
第31回北方領土の返還を求める都民大会の開催報告


 平成25年1月29日(火)、ホテルフロラシオン青山(東京都港区南青山)において、第31回北方領土の返還を求める都民大会を開催しました。大会には、東京都、東京都議会、内閣府、外務省、独立行政法人北方領土問題対策協会からの来賓をはじめ、多くの方々に参加していただきました。(参加者数166名)


 開会にあたり、主催者を代表して、
谷茂岡正子会長(東京都地域婦人団体連盟会長)から、昨年9月にビザなし交流で国後島と色丹島を訪問し、美しい島の自然環境が汚染されている様子を目の当たりにした体験に触れ、北方四島の主権の回復が一日も早く来ることを願うとの挨拶がありました。


 来賓からの挨拶に引続き、平成24年度の運動報告として、
蓮池攻事務局長から、平成24年9月に都民会議が世話団体となり参加したビザなし交流の活動報告、都民会議設立30周年事業として取り組んだ「タダコピ」を活用した若者向けの啓発事業について報告が行われました。


 根室市長などからの激励メッセージの披露のあと、北方領土の早期返還実現への決意を表明する大会宣言が採択されました。


                     
             (会長挨拶)        (運動報告)           (全体写真)


 続いて、外務省欧州局の
野口秀明ロシア交流室長から、ロシア情勢と日露関係について政府報告が行われました。次に、NHK解説主幹の山内聡彦氏を講師にお招きし、「日ロ関係と北方領土問題」と題して都民会議設立30周年の記念講演をしていただきました。


 最後に、平成24年度ビザなし交流(教育関係者・青少年)に参加した、
東京都立桜修館中等教育学校の生徒から、国後島を訪問して感じたことや北方領土返還について考えたことを報告していただきました。


                          
              (政府報告)         (記念講演)         (高校生報告)


 会場には、ビザなし交流の写真パネルや各県民会議から寄せられた激励メッセージを展示し、参加された方々にご覧いただきました。


                         
                            (国後島訪問の写真パネル)
 
↑このページの先頭へ戻る



  (C) 北方領土の返還を求める都民会議 All Rights Reserved.